QuailEGG

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クー子組み立て1

申し訳ないことにダボの大半が潰れてしまったのでその解説がメインになります。


顔側凹、もみ上げ凸
KIMG0799.jpg

後頭部凹。2mmのピンバイスで穴を開けた後、ナイフ等で調整してください。
KIMG0753.jpg

足。この辺は大きな湯口がついているのでざっくり落としてください。
KIMG0754.jpg

体側凸、腕側凹。反対側も同様です。
KIMG0763.jpg

胴体凹、首凸。
KIMG0769.jpg

右ツインテ1
KIMG0772.jpg

右ツインて2。ここも凹ダボが潰れてしまっています。
KIMG0770.jpg

3mmのピンパイスで穴を開けてあげればOKです。
KIMG0776.jpg

画像のようにクロスさせてるようにして組みます。
KIMG07791.jpg

KIMG0781.jpg

左ツインテ1。
KIMG0782.jpg

左ツインテ2。ここも掘り起こしてください。隠れる部分なのでざっくりで大丈夫だと思います。
もし後頭部に接続する部分が短くなっていたら、2mm程の角プラ棒に差し替えたほうがいいかもしれません。(原型は長さ4mmほどです。)
KIMG0785.jpg

こちらは普通に重ねるようにして組みます。
KIMG07892.jpg

体モールドも薄くなっている可能性があるので、エッチングソーなどで掘り起こしたほうがいいかもいれません。

| クー子組み立て | 01:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。